ハウスクリーニングを開業する秘訣|資格が不要

支援を依頼

柔道整復師になるために情報を得る場合に良い団体が柔道整復師会です。柔道整復師会といっても様々な団体があるので、サポート内容やセミナーなどの有無を見た上で会員となりましょう。また国際交流や研修、論文での発表などにより様々な情報を得ることができます。

清掃代行業を起ち上げる

掃除用具

清掃技術の習得が最も重要

ハウスクリーニングを開業する場合に必要な資格や許可は必要ないのです。ただし法人を相手に仕事をする場合は人材派遣とは違う経営方針を明確に打ち出す必要があります。請負や業務委託の契約内容をしっかりと準備します。どのような事業でも同じですが、ハウスクリーニングの場合も事業計画を立てることから始めます。ハウスクリーニングには家事代行型と専門技術型に分かれます。家事代行型は2人から3人の女性が各家庭を巡回して定期的に清掃サービスを行います。専門技術型は絨毯やクーラーなどの専門の清掃技術を必要とします。どちらかを選択することもできますし、両方を取り入れた事業にもできます。事業計画によって必要な資金が算出できます。準備金がどのくらいあるかによって、銀行などから融資を受ける金額が決まってきます。開業するには銀行などに融資の申し込みをします。その際に事業計画書を提出することになります。それと併行して営業の拠点となるオフィスを探します。自分の土地に建てるのか、既存のオフィスを借りるのかによって必要な資金も違ってきます。賃貸の場合は家賃の低い物件を探します。顧客を迎える商売ではないので、多少不便な立地でも可能です。ハウスクリーニングを開業するにあたって最も重要なのが、清掃技術です。他社でハウスクリーニングの経験がある従業員を雇用する必要があります。新規に募集するとしても、清掃技術を習得させる時間と指導者が必要になります。これらの点を準備すれば、ハウスクリーニングを開業することができます。

レジ

精算と分析のシステム

pos導入までの流れは、申込、情報入力、初期設定、機器設置、操作説明となります。初期設定はpos提供事業者が行い、設置と操作説明は専門スタッフが担当します。料金については、レジなどの機器を購入すると高額ですが、レンタルなら安くできます。月額は5,000〜20,000円ほどが多いです。

レストラン

優良な不動産業者を選ぶ

心斎橋界隈で貸店舗を借りて、飲食店や小売店を開業する者が多数います。貸店舗を借りる場合には、優良な不動産業者を選ぶことが重要です。立地条件、面積、賃貸料などをみて検討する必要があります。不動産業者との交渉次第で予想よりも安く借りられることもあるので、相談してみましょう。